一粒万倍日、不成就日

一粒万倍日、不成就日

一粒万倍日とは
一粒の籾(モミ)が万倍もの実のつまった稲穂になるという意味とされています。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、
特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに縁起の良い日といわれています。

ただし、
他人からお金を借りたり、金融でお金を借りたり、
また、他人に借りをつくると、
その苦労の種が万倍になるので凶日になってしまうといわれています。

一粒万倍日の日は、一か月に何度もあるので、他の暦注と重なる場合があります。
その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増しますし、凶日と重なったら半減、または相殺されるともいわれています。
昔からの言い伝えでございます。

節気から次の節気の前日までで1か月と考えます。
その節季と節季の一ヶ月を月の区切りとしすることを節切りと言います。
節切りで一粒万倍日が定められる時の干支は下記の通りです。
一月:丑・午の日
二月:酉・寅の日
三月:子・卯の日
四月:卯・辰の日
五月:巳・午の日
六月:酉・午の日
七月:子・未の日
八月:卯・申の日
九月:酉・午の日
十月:酉・戌の日
十一月:亥・子の日
十二月:卯・子の日

(参考wikipedia)
_________________________________________________________
不成就日
不成就日とは、選日のひとつで事を起こすにはあまり良くないとされる日です。
結婚・開店など事始めをすることなどは避けたいといわれている日です。
また、
祈願、結婚などの祝い事、お店の開店、子供や屋号の命名、
契約事など、縁起を担ぎたい行事をする日としてもよくないという言い伝えがあります。
不成就日は旧暦の月切で
8日間隔となっています。(旧暦の月の朔日からの干支や日数)
旧暦の月の朔日からの干支や日数
1月、7月: 3日・11日・19日・27日。
2月、8月: 2日・10日・18日・26日。
3月、と9月: 1日・9日・17日・25 日。
4月、10月: 4日・12日・20日・28日。
5月、11月: 5日・13日・21日・29日。
6月、12月: 6日・14日・22日・30日。
旧暦ですのでお間違えのないように。

一粒万倍日、不成就日、共に言い伝えであるということを
ご理解下さいますようお願いします。
節切りでの月をわかり易く言いますと、下記のようになます。
立春(2月)〜啓蟄の前日までが1月となります。
啓蟄(3月)〜清明の前日までが2月となります。
清明(4月)〜立夏の前日までが3月となります。
立夏(5月)〜芒種の前日までが4月となります。
芒種(6月)〜小暑の前日までが5月となります。
小暑(7月)〜立秋の前日までが6月となります。
立秋(8月)〜白露の前日までが7月となります。
白露(9月)〜寒露の前日までが8月となります。
寒露(10月)〜立冬の前日までが9月となります。
立冬(11月)〜大雪の前日までが10月となります。
大雪(12月)〜小寒の前日までが11月となります。
小寒(1月)〜立春の前日までが12月となります。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。